So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2015年08月 |2015年09月 ブログトップ
前の10件 | -

aki.nagaさんちのメダカ [日常雑記]

金魚を飼っていることは前述のとおりですが、先日、思わぬところからメダカをいただいてしまいました。
なんと、aki.nagaさんちの近所には『メダカ友の会』なるものの会長さんのお宅があったのです。
メダカにも種類があって、品種によっては1匹千円もするそうです。
メダカって、あれですよ、金魚よりも小さくて、目を凝らさないと水槽のなかでどこを泳いでるのかよく分からないような稚魚同然の川魚。
それで、高級品種と通常品種(?)の雑種を混合と呼ぶらしい。
上手に飼えば際限なく増えるメダカの混合が庭からあふれそうになっているところ、aki.nagaさんに無料で譲渡してくださったというわけなのです。
別に仲良くおつきあいしていたわけでもないのに……。
まぁ、断ろうと思えばできたんですけど。
つい、もらえるものはもらっておこうか。という欲が働いてしまいました。
本当にミリ単位の小さいやつから、少し大きめの1センチあるのかなっていうくらいのやつまで、白いスチロールの箱に水とホテイアオイまでつけていただいて、何十匹か、もらって帰ってきました。
魚市場などで見かけるスチロールの箱が、冬も水が凍らなくて飼育に最適らしいです。金魚の水槽みたいなポンプは不要。水草があったら良いようです。
メダカのエサも、分けてもらってしまいました。親切すぎる。
水草とか藻を食べてるのかと思ってましたが、エサがあったのかと、ちょっと発見。
外で飼う場合は蛙に食べられてしまうので百均でアミを買ってフタをするようにとアドバイスがありました。
うーん。それに多分、雨で水があふれたらメダカは流れて出てしまいますよねぇ。
その場合は屋内に避難ということに。
想定して移動できるようにするべきか。
屋内で水槽で飼うのが普通でしょうか。でも水槽を洗うのが大変でしょうな。金魚だけで充分もてあましていますよ。
前触れもなく家人に相談もなしに持ち帰ってしまったので、とりあえずスチロール箱入りのホテイアオイとメダカ達はこっそり奥の部屋に置いてあります。高さ15センチくらいしかない箱なので、30センチの段ボール箱にのせてみたけど、ぶつかったり蹴飛ばしたりしないように気をつけないと。地震がこないことを祈る。
ホテイアオイ、このまま陽に当てないでいると枯れる。多分。
奥の部屋といっても自由に出入りできるわけで、いずれ見つかります。
問題山積みだ。これからどうしよう。
どうにもならなかったら川に放流でしょうかね……川はありますけど、他の魚に食べられてしまわないだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

aki.nagaさんの夢のつづき [日常雑記]

その建物は住宅街にあって、今は合宿所として使われている。
白いコンクリートの打ちっ放しかモルタル壁が周囲を囲む四角い外観は、可愛げも味もそっけもない。
中も四角く区切られており、数人ごとに宛がわれた居室と、風呂と、手洗い場がある。
庭はなく、建物の道路に面した一部に幅の広い出入り口として、四角くぽっかり切り取られた空間があるだけだ。
何室あるかは分からない。自分に宛がわれた部屋は1階の奥にあって、ほかに3人のルームメイトがいる。みな年頃で独身である。確実なのは、それだけだ。

その日は夕方まで作法のレッスンが続いた。
全員が合宿所から歩いて近くの場所にあるホールに集められ、初対面の挨拶のしぐさから、立ち居振る舞い、談笑のマナーまで。
大勢でいっぺんに学ぶだけの広い場所はさすがになくて、全体は何分の一かのグループに分けられ。
移動には三角の旗を持ったツアコンまがいの先導がついて、何階建てかのホールを上や下へと行ったり来たり。
合宿とはいえ、皆それなりの良家のお嬢さま方だし、授業内容も実技に近いせいで、誰に見られてもおかしくないだけのドレスを纏っている。歩くだけでも体力が削られるだろう。
自分も例に漏れず。
ひととおりのカリキュラムをこなして解放された頃には、汗だくになっていて風呂に入りたかった。
片側に花屋や喫茶店の並ぶ舗装道を、参加者の集団に紛れてゆっくり歩いて戻って、風呂へと直行すると誰もいなかった。公衆浴場とまではいかないが個人宅のものよりは大きめのバスルーム。
仕方がないのでボイラーに足を運び、湯の準備をした。
基本的にここはセルフサービスのようなのだ。
でも風呂だったら、誰かひとりが最初に支度をすれば良いだけ。建物内の設備はすべて朝方に管理スタッフが掃除をしてくれているらしい。だから後始末は不要だ。
湯船にまで手間をかける時間が惜しくて、早々にシャワーを浴びた。
暗くなったら夕食だ。
ドレスを脱いで軽装になって通路に出たら、外に面した出入り口からルームメイトが帰ってくる姿を見つけた。喫茶店に寄ってきたのかもしれない。3人は仲が良いのだ。決して自分ひとり、のけ者にされているというわけではない。こちらはマイペースを貫いているだけ。
なんといっても同世代の女の子同士だ、2人もいれば噂話に花が咲く。その話題の豊富さといったら王国の諜報部も真っ青といったところではないだろうか。
だって何も知らされずに集められた今回のこの大掛かりな独身女性教育プロジェクトの目的さえも、実はひっそりと囁かれているのだから。

数年前からのことになる。
大陸の山や森と隣接した土地ばかりか街にいたるまでも、魔物が跋扈するようになった。
もともと魔物といっても妖術などもちいるわけではなく、腕に覚えのある者ならば退けられるだろう程度の大きさと強さだという。
人に慣れていなかったのかもしれない。街の外側に出没していたのは夜だけ。
けれど、街に入り込むようになった最近では昼夜関係なくなってきていて、1匹だけなら退治できても数匹で行動するようになっては、人間側も危なくておちおち手を出せない状況になってきたのだとか。
遭遇したら死んだふり、あるいは全力で逃げろ。といったまったく反撃にならない対処法が流布されるばかりなのだ。
そんなだから魔物はますます我が物顔で、街の被害は拡大していく。
たいがい狙われるのは昼間ひとのいない民家の食糧で、敵も大勢の前にわざわざ姿をあらわすようなことはしない。
が、日中、居住区の屋根に数匹で陣取った姿を近所の人間に目撃したりはされている。
耕作地帯の食物よりも、庭の畑が荒らされる。
家畜がいれば喰われることもあるらしい。
有識者の見解によると、魔物はどちらかというと肉食で、1軒1軒が離れている農家よりも街のほうが収穫の効率が良いのだと。
人を直接襲うことはまだなかったが、何度か襲われた民家に居合わせた住人が負傷した。
家畜を好むことは知られている。ひとの血肉の味を覚えたらどうなるか分からない。
危機感を募らせた上層は1年かけて意見をまとめ、対策を打ち出した。幸い小さな国なのだ。金はないが、結束力はある。
武力の優れた隣国に助けを求めた。
見返りが、婚姻率の低い彼ら国民の若者達へ、パートナーを提供すること。
そうしてまず、借り出された小さな国の適齢期の独身女性達は、急遽、王城で集団見合いをさせられることになったのだ。

という夢を見ました。
内容に大きく文章的補完アリ。
たぶんこれはあの夢の続き。


aki.nagaさんの夢のなか [日常雑記]

日常生活はなんのおもしろ味もないaki.nagaさんですが、実はたまに変わった夢を見ます。
味があったり音があったり色があったり、感触が残ったりします。
ストーリーもあったりね。
大体ほとんどは、そんなことないです。だから変わってるんじゃないかなって思いますが他人さまの夢の話をあまり聞いたことがないので比較したことはありません。

それで最近ネット小説にハマっているせいか、今朝はそんな世界の夢でした。
夢なので正確な描写はムリですが、書いてみました。
多少脳内補完で脚色されておりますことをお断りしておきますよ。

明るいデパートのような平坦な広い店内で、マネキンに着せたドレスをずらっと眼前に並べながら、あれでもないこれでもないと頭を悩ませている御仁がおります。
その横で、偉そうに立っている(イメージとしてふんぞり返ってる)のは、テライケメンでハイスペックなその国の皇太子です。
身分がひとめで知れる豪奢なマントを羽織っています。外側からも窺える体躯はしっかり鍛えられていそうですが、しなやかさを醸す若さが20歳そこそこであることを伝えてきます。
すみませんネット小説で欠かせないのがイケメンでハイスペックな男性キャラらしいです。はい。他の描写は不要。
どうやら、舞踏会のお相手に着せたい衣裳を選んでいる模様なのですが、肝心の姫君の姿はありません。
ていうかなぜに既成ドレスなんですかね。お城なりで採寸してオーダーメイドじゃないのかとかいうツッコミをしたいところです。準備期間がないのでしょうか。
aki.nagaさんはその後ろに立って様子を眺めています。
ドレスがただただ壮観です。デザインも流行の最先端ですし、素材は最高級品。色彩も見目鮮やかです。
却って着る人を選びそうですけどねー。
皇太子の横に立っている細身のスーツに身を包んだ男性は同年代の側近らしく、軽快なしぐさでマネキンの位置を詰めている店員に次から次へと注文をあげつらい新しいドレスを持ってこさせようとしていますが、もう並べるスペースもなくなっていますよ。
皇太子はおもむろに首をまわし、左手でマントを捌いて腰にあて、ストレスを抱えたサラリーマンみたいに斜めの方向へ嘆息してから、aki.nagaさんを振り返りました。
イケメンの眉根が寄っています。めんどくさそーな表情だな。
実際、心底めんどくさいのでしょう。でもそんな格好もさまになっているんだからイケメンは得だ。とかいうのも定番な感想ですね。
aki.nagaさんは無表情にひとつ頷き、手にしていたカードの束を絵柄を伏せた状態で扇状にひろげて差し出しました。
奇術用のトランプより硬くて大きく枚数が少ないです。綺麗に描かれた幾何学模様は単色で、どのカードも同じに見えます。
皇太子の、男性らしく無骨な、それでいて整えられた指先が器用に動いてためらわず中ほどから1枚を抜き出し、伏せたまま返してきました。
aki.nagaさんは残りのひろげたカードを片手に重ねてポケットへしまいつつ、受け取ったカードを立てておもてを示します。
「女帝の正位置」
トランプじゃなくてタロットでした。
ああ。女帝の正位置。まさにこの場にぴったりではないでしょうか。
ここが頑張りどころですよ、殿下。
aki.nagaさんが笑みを向けて宥めると、皇太子はますます嫌そうにせっかく整った顔をしかめながら、隣でいまだに張り切っている側近を一瞥しました。そうそう。ご自分の意見も言わないとね。
まじめに選んで、喜ばせてあげてください。その後の展開はお約束されているようですから。
励ましに肩など叩いてみたくなりましたが、触れることは控えておきました。

かなり具体的な舞台仕立てにして、こんな感じ。
なんの一場面なのだろうな、これ……。

aki.nagaさんのネット生活 [日常雑記]

10年くらい前はボカロ動画にハマってました。
もう何時間も観てました。それまで、全然知らなかったんで。
何がキッカケだったのかなぁ。聴きたくなった楽曲を検索してボカロのカヴァに辿りついたのかな。
それまでニコニコ動画の存在も知らなかったんですけど。
最近はもっぱらユーチューブですね。ようつべっていうんですかね。ボカロはご無沙汰です。
インターネットはその前のパソコン通信、ワープロ通信から馴染んできましたが、途中引っ越しやら結婚やら出産やらあって、あんまり波に乗り切れてないのは若くないせいなのか。
ボカロのKAITOがいいですねー。声が好み。
もちろん、ミクちゃんも嫌いじゃないけど声高いでしょう。耳に刺さるんで、めーちゃんのほうが好きかな。
aki.nagaさんちは三重県にありますが、そういえばミクちゃんの絵柄をでかでかボディにペイントしたスポーツカーが近所を走ってますよ。誰が描いたのだろうか。けっこう可愛く上手に描けてました。
そしてKAITOくんとレンのデュエットとか好きだ。レン…レンくん? レンきゅん? いやいや、レンはレンで(なぜ)。
一番のお気に入りはしかしKAITOくんとめーちゃんのSound Horizon『石畳の緋き悪魔』です。
デュエットじゃないんですよね。個別に作られたやつを誰かが重ねたっていう。
いや……コアな話題なのは重々承知です。すみません。

4年前にハマったのがオンラインゲームで、スクエニがヤフーでやってる無料のやつ。
もう明け方までやってました。家事放棄主婦です。サイテーだな。
課金しないのが自慢です。無課金で頑張る。充分だ。ソフト代もかかってないのが財布にありがたい。
いまだに続けてますが、それほど時間はかけてません。もうなんか惰性っぽい。でもたまにやると時間かかりますね。
システムはそれなりに上手くできてると思います。だが運ゲーすぎる。
チャットが楽しいので続いているという感もなきにしもあらず。

そして最近はオンライン小説にハマってます。無料。ここ大事。
しろーとさんか、優れた作品は出版してるようなので作家さんもおられるようですが、文章は全体的に80点くらい。100点満点ですよ。
とにかく誤字脱字が多い。それから明らかにおかしい文章、てにをはがヒドイ。
~せざるを得ない、正確に書けてるひとが半分くらい。
ら抜き当たり前。
~させられる的な変に受動態で書く。なんでだろう。造語すぎる。
1回は読み返そうよ! と思います。落ち着いて書きなされ! と叫んでしまいそうになる。
シーンが佳境になるとね。気持ちは分かりますよ。筆が走るのでしょう。けれど先走りすぎだ。
ストーリー自体はおもしろい作品もありますので、とりあえず完結作品を最後まで読む。
連載中で止まってるモノは、基本、読みません。終わって初めて作品だと認識していますので。
でも完結作品がおもしろかった人の連載中をつい読んでしまうこともあります。
誤字脱字文章おかしいと、どうしても脳内で正常に直す作業してリズムが狂うので、シーンの流れが止まって残念です。
不思議なもので小説は脳内映像が流れてくれて読むというより観ている感じで楽しめます。
あーただし、この登場人物何歳なんだよ、とか、そこはどこなんだよ、といった、描写に抜けが多すぎると映像が会話だけになりますね。それは映像じゃない。ラジオ状態?
10代なのか20代なのか30代なのか全然分からなかったり、室内なのか屋外なのかとか、スペースイメージどのくらいの広さなのかとか、2人の距離はどれだけあったのがいつの間に縮まったのかとか、なんで顔ふせてるのに1人称で相手の表情見えてるんだよとか、いろいろ突っ込めます。
まぁそういうのもおもしろいので、笑って読んでストレス発散です。
テレビドラマ観るのと同じくらい楽しめます。

運営者情報 [日常雑記]

運営者情報

運営者:aki.naga
連絡先:aki.naga.mie★gmail.com(★を@に変えて送信してください)

プライバシーポリシー

当雑記ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用して、
ユーザー様が閲覧する他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube等)の状況に応じて興味のある広告を配信しています。
そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
個人情報については無関係です) を使用することがあります。
このプロセスの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を
使用されないようにする方法については、こちらをクリックし、設定変更をお願いします。
https://support.google.com/adsense/answer/113771?ref_topic=23402&rd=2

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.htm

aki.nagaさんちの庭の手入れ [日常雑記]

娘の入院につきそい、泊り込み生活をしていた4年のあいだに、庭は誰にも手をかけてもらえず荒れ放題。
隣の空き地よりヒドい状態になってしまいました。
特に秋が目立ちます。
ススキとかキリン草とか山百合とか……山の住宅地なので、勝手に生えてくる。
ただの雑草じゃないんですよ。もう根がね。引っ張ったら数メートル先の地面まで動くっていう。
そんなだから抜けやしません。気がついたらもうお手上げな惨状でした。
aki.nagaさんちの庭はどこの廃屋かっていうほどです。もうはこびり方が根絶不可能っぽい。
葉っぱの上っつらだけ切ってなんとかしのいでます。でも15分もデカいハサミで作業したら腕が筋肉痛になる。腰痛もちですし。
仕事辞めたら特に引きこもりになっちゃって、体力だだ下がりですよ。
電動草刈り機も買ってきましたが、庭が広すぎて全部刈ったら捨てきれないのは明らかなので難儀しています。
ホントは春先とかに除草剤でも撒けば良いのでしょうね……。
来年は頑張るかー。

秋の手前の現在は、ススキの青々とした葉っぱがふさふさ生い茂ってまして、山百合の蕾が散見されます。
山百合はいいんですけどねー。
白くて可憐ですよ。あちこち無造作に咲きますが。
土が悪いせいか花が全然育たないのです。つつじの植え込みがあるだけ。鉢植えのバラが一株かろうじて生き残ってる。
花、好きなので昔は買ってきたんですが、根はつかないし種は芽が出ないし……唯一地についたのがアップルミントだけっていう。
ハーブは西洋の雑草らしいですね。たくましいです。感嘆に値する。山の草に負けてないです。
一応、引っ越してきた頃に植えたアジサイも藤の木も生きてますが、雑草に埋もれすぎて鑑賞できないので……ないのと同じ。
もしかしたら藤はツタ伸ばすだけで咲いてないかもしれません。10年以上経つけど未確認です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

aki.nagaさんちの防災グッズ [日常雑記]

実はaki.nagaさんち、地震とか火事とかに全然備えていません。
家を建てる時に地盤の硬さにお墨付きもらっちゃいましたから土砂崩れはないし、住宅街なので水害もない。
火災は運が悪ければ巻き込まれますね。aki.nagaさんちは火を使わないので、漏電しない限り火元になりません。

で、それでも充分考えられるのが停電。
これねぇ、案外、山だからか頻繁に雷が落ちるし雪でも雹でも断線するらしいんで、通年で警戒してもいいくらい。
実際に最寄り駅周辺のメイン通りで信号が消えたこと、ありました……。

aki.nagaさんのパソコン部屋は半分物置同然でして、窓はあるけど遮光カーテンに雨戸も閉まってて、昼でも停電になったら真っ暗です。
天井までの棚が3つ。本棚が1つ。カラー棚の上に無造作にデカいコンポ。床にワゴンとラック。3畳しかないんですけど。
万が一、揺れたら絶対下敷きですね。
地震はあんまり心配してないんで、つっぱり棒対策とか何もしてません。
それよりも、昨日すごい雷でふと気がついた。停電したら、動けない!
懐中電灯もローソクも探せばどっかにあるよっていう。
せめてaki.nagaさんの手の届く範囲に何か置いておくべきでしょう。
ケータイのライトでもいいから。
昨日は、そのケータイですら別の部屋に放置してたもんで、迂闊すぎました(いえ何も起きてませんよ)。

テレビの親切な特集によると、懐中電灯よりもヘッドライトがいいそうです。工事現場で使うようなヘルメットにライトがついてるやつ。
そして軍手より皮手袋を用意しておくと、ガラスの破片で手を切ったりしないって。
あと水の確保。ラップを1本。できれば食料。連絡先のメモと、お金? そして命のホイッスル。携帯ラジオ。
そのくらいはリュックに入れておきたいですね。……頭のなかで準備するだけじゃなくて……。
もう使わないリュックがあるから、作るかな。

去年の冬、山の上のほうでは昼間4時間停電して、寒くて大変だったらしいです。
aki.nagaさんちもオール電化なんで、それはヒトゴトではないような。
使い捨てカイロの束も入れておくべき?

でもそのリュックをどこに置けばいいのかなー。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

aki.nagaさんちの盆休み [日常雑記]

そーでした、巷は盆休みなんですねぇ。
私は春まで正月も盆もGWもクリスマスもない仕事(年中無休の店)だったんで、感覚がすっかり世間ずれしております。
とはいえこの夏は無職なので毎日休日とも言えるわけですが。逆の意味で感覚がマヒ。
せめて平日か土日かだけはケータイの表示で毎日確認しております。ええ。じゃないと日常の段取りに支障が。

先週からは夫が盆休みに突入しており1週間泊まりで遊びに行ってるもんで私は独身気分で快適です。
といっても、誰と遊ぶわけでもないし、どこに行くわけでもないんですが。
結婚して地元を離れたせいで友人も親戚も近くにいません。
夫にくっついて遊びに行ければ良かったんですがまぁ、そこはそれ。お金もかかりますし。
新婚のころは、どこに行くのも一緒でしたけどねー。なので私の交友範囲は全部把握されてたり。今となっては窮屈極まりない状況です。
逆に夫のほうは、単独行動が増えた先で友人知人を増やしたようです。私の知らない人ばかり(だと思います)。
多少はネットでやりとりを眺めてましたが、もうなんていうか、気にするのやめました。
文字だけの関係なのかオフってるのかも分からないし。男女混合グループみたいになってて、仲は良さそうです。
私には入っていけないんで、関知しないでいたほうが楽ですね。
なもんで自宅で単身、悠々自適です。特に遊びにも食べにも飲みにも行きません。せいぜい買い物か図書館か。

それでも遠く離れた友人たちに暑中見舞いでも書こうかと思ってたんですけども。日常に埋もれすぎて忘れてましたよ……。
近所の郵便局から、注文も頼まれてたのにね。まだ間に合うかな。

それと七回忌なんですよね……。部屋を片付けないとなぁ。
施食会(せじきえ)の案内も来てたのに、夫の都合でパスしちゃいました。
あんまり褒められたもんじゃないです。お盆のための休みなのにちっともお盆らしい生活じゃないっていうね。
お墓参りもしません。娘のお墓はまだないし、実家も遠い。
夫は昔っから不信心なひとでしたが、私くらいは頑張りたかったです。妻がそういうところ、ちゃんとやってこそ家を支えるっていうか?
でも理想と現実は落差が激しいものなんですよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

aki.nagaさんの免許更新 [日常雑記]

先月末が誕生日だったんですが、なかなか行けなくて今日やっと市の警察署に行ってきました。
視力だけ怪しかったんですけどね。メガネ同じもの15年使ってますから傷だらけ。
もうどういう手続きするんだったか、すっかり忘れていましたよ。
というのも、ここ数回は免許センターのほうへお世話になってたからなんですけどね……。
免許とってから10年くらいはゴールドでしたのに。重なるときは重なるというか。10年くらい黒歴史が続きましたわ。

思えばこの10年はホントに厄介なことばっかりで。
今もちょっと続いてますけども。
今年は娘の七回忌だったりします。暗い話ですがさらっと済ませます。小学校2年生の初夏に脳腫瘍で亡くなりました。

それでというわけでもないんですが、もうずっとこれやってくかなぁと思っていた仕事も変える気になりましたし。
4年のあいだに8回も声出なくなってまで続ける仕事じゃないです、普通に考えたらね……。

乗ってる車もなんだかんだで15年選手です。エアコン壊れてるし。替え時ですよねー。でも中古車でも買う金がないんですよ。
入院付き添い生活が3年以上続いたら赤貧になってまして。
どうしてこうなったかなぁ。いや、やはり私が家計のやりくり致命的にへたくそだったってことでしょうか。
いまだに借金生活が続いておりますよ。辞めるの早まった? と思わなくもないですが。辞めないと始まらないよね。生活の方向転換とか。

それで免許更新のあとは、パスポートの更新に行かねばなりません。確認してみたら今年まででした。気がついてよかった。
海外なんて、生まれてこのかた韓国にしか行ったことないんですけども。新婚旅行は沖縄でした。
まぁいずれまた行くんじゃないかなと思うので。準備だけはしておきたいです。

aki.nagaさんの就職活動 [日常雑記]

4年ほどスーパーでレジやってましたが、春に辞めました。
接客は私に向いていて、一時期は天職だ! とまでに張り切ってたんですが、体がついていかなかった。
思えば就職してすぐ1ヶ月も経たないうちに声が出なくなって、1ヶ月休んでしまったんですよねー。
金額の読み上げが強制で、午後の混む時間帯は3時間くらい喋りっぱなしになりましたもので。たぶんそれが原因でしょうね。
OLやってた時もヘビースモーカーの上司がいらして、1週間くらい声が出なくなったことがあったんです。
でも20年も経って、忘れてました。
レジやるようになったら半年に1回くらいの頻度で声が出なくなり、ある夏はマスク必須だった。
耳鼻科の医師によると、声帯が閉じなくて音が出ない状態になってるんだそうです。
それで絶対ムリに喋ろうとしないこと、8時間睡眠厳守、市販薬の禁止、等々厳命されました。その状態でノドスプレーって良くないらしいです。
声が出なくなる時の兆候としては、半日前に風邪っぽく咳き込む。そんな感じしかないので、気がついたらもう出ないんですよ。
そして10日から1ヶ月は声が出ないので、仕事ができなくなる。
去年の暮れに、またなって、経費節約店内メンバーぎちぎちシフト制の職場ですから、さすがに迷惑みたいだったので辞めることにしたのでした。
それに自分としても、美声が戻らなくなりまして、このまま定年までとかムリだわ、と諦めたわけです。

実はレジの仕事も決まるまでに6件くらい断られたんですけども。
求人内容には経験不問、年齢不問、とあっても、電話でプロフィール言うだけで却下。面接までも行かない。年齢で引っかかってたんじゃないかなぁ。
35歳までならOKだったのではないかと思われます。40過ぎでしたのでね。厳しかったんですよ。
それが、今5年後ですから。さらに厳しいのは目に見えてますね。
案の定ですよ。
ハローワーク行って、new!って書いてある情報もってカウンター行って、先方に電話してもらったら、もう決まってました、とか。
履歴書送ったら到着したと思われた次の日に返送されてきて、次の週にまだ求人出てたりとか。
ひどいわー。
イナカですけど、ちょっと若いひと多めのベッドタウンなので、競争率激しいっていうのもあるんでしょうね。
それに私も無条件に仕事探してるわけじゃないので。
坐れる仕事希望。夏は涼しく、冬は暖かく、ひっきりなしに喋らなくても良い。

経歴としては私、営業とか接客とかやってましたが、商業高校情報処理科卒業でしてスキルは思いっきり事務な人間なんです。
なので次の仕事は経理でも事務でもパソコン操作でもいいからそっち系でぜひ!
と思いつつ3ヶ月。
腰が悪くなければ介護や掃除で決められたのかもですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の10件 | -
- |2015年08月 |2015年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。